パンフレット

パンフレット
PDFはこちら

まずは病院見学から!ご希望の方はこちら

パンフレットはこちら

まずは病院見学から!
ご希望の方はこちら

お仕事紹介Job introduction

 私たちの病院は、新潟市北区唯一の救急告示病院、一般病院として、適切な心温まる医療を提供し、住民の皆様の安心、安全を支えていくことを目指しております。
 看護部は、患者様が「いつでも、どこにいても、その人らしく生きる」ことを大切にし、患者様に一番近い専門職として寄り添い、その人にとって最善を考えた看護が提供できるよう努力しています。また、地域包括ケアシステムの推進に向けて、多職種と連携し、切れ目のない医療、看護が提供できるよう取り組んでいます。地域の皆様に親しまれ、信頼される看護部の運営に努めて参ります。看護部長 柴田百合子


    • 豊栄病院の理念

      地域の中核病院として心温まる医療を提供し保健・福祉を積極的に推進する。

    • 看護部の理念

      いつでもどこでもその人がその人らしく生きていけるように質の高い看護・介護を提供する。

    • 目指す看護師像

      • 患者を全人的視点で捉え、患者中心の看護が提供できる。
      • 科学的根拠に基づいた質の高い看護が実践できる。
      • 対象を尊重し、心温まる看護が実践できる。
      • 多職種と連携し、組織の一員として果たすべき役割を実践できる。
      • 専門職として自己研鑽ができる。
    • 看護師の育成・研修制度

      共に学び育つことを目指し、キャリアラダーに沿った教育体制を整備し、専門職として成長することを支援しています。新人はプリセプター制度を導入し、ガイドラインに沿って目標に到達できるよう取り組んでいます。また、ナーシングスキル(オンラインシステム)でいつでもどこでも学ぶことが可能です。

      一緒に学び、専門職として成長していただける方を職員一同お待ちしております。

    • 教育体系図
    • 新人看護師支援体制

      当院ではプリセプターシップとチーム支援型を導入しております。
      プリセプターナースと実地指導者を中心に院内全体で支援、指導を行っております。

      4月 看護倫理 感染防止 医療事故防止 接遇 麻薬の取り扱い
      5月 フィジカルセスメント 輸液ポンプ 看護必要度 医療安全
      6月 茶話会 人工呼吸器 看護技術チェック 夜勤前研修
      7月 防災について 看取り 多重課題 BLS
      8月 心電図 SBAR
      9月 褥瘡予防 薬剤 NANNDA看護診断
      10月 除細動器
      11月 茶話会
      12月 退院支援
      3月 一年の振り返り 技術チェック
    • 院外教育

      新潟県厚生連看護部主催研修、看護協会主催研修に参加できます。
      参加時には旅費・参加費が支給されます。また、認定看護師、看護管理者研修(ファーストレベル、セカンドレベル、サードレベル)の受講も勧めています。

    • 資格支援

      新潟県厚生連では、専門・認定看護師などキャリアアップを支援しております。
      受講にかかる費用に関しては全面的にバックアップしております。


  • 慶弔見舞金

    従業員及び家族に対する慶弔見舞金規定があり結婚、出産、疾患、災厄、弔慰の場合に適用されます。

  • 預り金制度

    労働基準法に基づく社内預金制度あり


病床数 199床
看護単位 6単位:一般病棟、地域包括ケア病棟、障害者病棟、手術室、透析室、外来
勤務体制 三交代勤務
日勤 8:30~17:00
準夜勤 16:30~1:00
深夜勤 0:30~9:00
看護提供方式 固定チームナーシング
看護配置 一般病棟 10:1
地域包括ケア病棟 13:1
障害者病棟 10:1
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師

    皮膚・排泄ケア認定看護師として一般病棟と兼任で活動しています。皮膚・排泄ケア認定看護師とは創傷・オストミー・失禁ケアを行ないます。
    日々の看護ケア業務の中でスタッフと共に褥瘡予防や失禁に伴う皮膚障害が出現しないように予防的スキンケアを行い、質の高い看護ケアを行える様に実践・指導しています。また業務で直面する問題や疑問の相談に乗り改善策が導き出せるようにスタッフと関わっています。
    その他褥瘡予防ケア、褥瘡のある患者様の局所、全身ケアを院内褥瘡対策チームの一員として各分野(医師・薬剤師・栄養士・リハビリ)と協力して専門的知識・技術を持って看護の質の向上に努めています。
    ストーマ外来では、ストーマ(人工肛門・人口膀胱)保有の患者様が快適に日常生活を送れるように支援しています。
    皮膚・排泄ケア領域での看護の質向上を目指して自己研鑽し、入院患者様・外来に来られる患者様家族だけでなく在宅における患者様家族にも支援できる様に頑張っていきたいと考えています。

    皮膚・排泄ケア認定看護師 永田紀子

  • 糖尿病療養指導士

    当院では糖尿病の皆様の大切な足を守るサポートをするフットケア外来を開設しています。
    足病変のリスク状態をみる簡易検査や足の観察、スキンケア、爪のケア、靴の選択と履き方などをおこない、リスク状態に応じて継続的なサポートをおこなっています。また、足だけのケアをするのではなく、糖尿病の生活調整のサポートもおこなっています。
    詳しくは内科、整形外科にお気軽にご相談下さい。

    【外来日】
    毎週水曜日9:00~12:00
    ※一人当たり30分から1時間の予約制
    担当者 糖尿病療養士 田中葉子

  • 部署紹介

    • 3階北病棟

      当病棟は、ターミナル患者様の受け入れや特殊検査目的での入院が多く、呼吸器、消化器の急性期~慢性期疾患、内分泌疾患、腎臓疾患等、幅広い領域の患者様を受け入れております。また、一定の治療が終了した患者様の在宅復帰へ向けた支援を担っている病棟でもあり、多職種が協力しながら早期在宅復帰を目指しております。

    • 3階南病棟

      地域を見据えた『退院支援』の強化を主題に、患者様が地域に戻ってもその人の望む生活が出来るように、退院支援、在宅療養移行支援をしております。
      スタッフ一同、療養上の世話となる患者様へ寄り添う看護実践をしたいと、患者様の退院後の生活を患者様、ご家族と共に考えています。

    • 4階北病棟

      4階北病棟は外科、整形外科、内科の52床の病棟です。
      患者様は、手術適応・化学療法・リハビリ期・ターミナル期など急性期から慢性期と幅広く、その治療や看護は多岐にわたります。看護師は手術を受ける患者様が、安心して治療を受けられるよう寄り添ったケアを心がけております。手術後においては、リハビリテーションスタッフと協働することで早期離床に繋がるよう努めています。医師や看護師、リハビリテーションスタッフ、薬剤師、MSW、訪問看護師などの多職種で定期的にカンファレンスを実施し、退院後の生活を見据えた支援をさせていただいております。

    • 4階南病棟

      4南病棟は身体障害者等の一般病棟であり、主に重度の肢体不自由の方や重度の意識障害の方が入院されている50床の病棟です。長期にわたり入院生活を送る高齢で介助を必要とする患者様が多く、慢性期から終末期の看護がメインとなります。このような中で、積極的な治療を希望する患者様は少なく看取りケアを行う機会が多くなっています。カンファレンスを通し情報共有することにより、安心・安楽を考えた看護の提供と、患者様・家族に寄り添える看護を目標に、質の向上に努めています。

    • 外来

      当院は、高齢者が安心して生活できるように地域連携を強化し連携協力病院として機能を果たしています。高齢者の患者様も多く通院されていますので安心して受診していただけるよう丁寧な対応を心がけています。また、慢性疾患をお持ちの患者様へのサポート体制も整えており、定期的な糖尿病教室の開催や糖尿病フットケア外来、認定看護師によるストーマ外来など、生活の質改善を目指したケアに力を入れております。

    • 透析室

      当院の透析室は北区唯一の透析施設で、現在病床数は33床です。月水金は午前・夜間の2クール、火木土は午前・午後の2クールで行っています。外来維持透析、入院透析、緊急透析に対応しており、治療は血液透析をはじめオンラインHDF、L-CAP、LDL吸着療法、腹水濾過再静注法(CART)などを行っております。近年は高齢の透析患者様が増えており、様々な合併症を抱えた方も多くいます。そのような患者様の変化にいち早く気付きご家族含め、安心・安全に透析治療が行えるよう日々励んでいます。これからも患者様のQOLの向上、質の高い医療を提供できるようスタッフ一同努力していきたいです。

    • 手術室

      当院では外科・整形外科・眼科・内科の手術を年間約600件実施しています。
      手術を受けられる患者様は、日常生活を大きく変えるばかりでなく、不安と恐怖に陥れ、手術室に入った途端、一層不安は募ります。そのため、手術を受けられる患者様に対して、円滑かつ安全・安楽に手術が受けられるよう患者様に寄り添いながら、周手術期(術前・術中・術後)を通してケアを行なわせていただいております。


  • 配属先はどのようにきまりますか?希望を聞いてもらえますか?

    ご本人の意向を大切に考え配置していますが、すべての方のご要望に沿えるということではありません。
    採用面接時に、ご本人のキャリア等も含め相談させていただきます。

  • 男性看護師の配属先は限られていますか?

    制限は設けておりません

  • ブランクがありますが大丈夫ですか?

    まずは見学にお越しいただき、これまでのご経験、勤務形態等を相談の上、決定できればと思います。

  • 認定看護師や専門看護師といった長期研修を希望した場合、病院の支援はありますか?

    新潟県厚生連では専門・認定看護師などキャリアアップを支援しており、受講にかかる費用等に関しては全面的にバックアップしております。

  • 寮はありますか

    寮はございませんが、住宅手当が規定に則って支給されます。

  • 夏季休暇など長期の休みはとれますか?

    希望があれば5~7日間のリフレッシュ休暇の取得は可能です。取得にあたっては、いくつか決まりがありますので早目に職場長へお申し出いただいております。

まずは病院見学から!